立川でiPhoneの修理(水没・バッテリー交換)なら【GENIE(ジーニー)】へ~水没させてしまった直後の対処法~

iPhoneを水没させてしまったときの対処法

iPhoneを水没させてしまったときの対処法

iPhoneを過って水没させてしまったとき、壊れていないか確認するために電源を入れたり、ドライヤーで乾かそうと試みたりする方もいらっしゃるかもしれませんが、こうした対処法は決して行ってはいけません。

iPhoneを水没させてしまったときは、「電源を切る」「本体を振らない」「充電しない」の3点を守る事が重要です。まず、電源が入っているとショートの危険性があるため、必ずオフにしてから本体の内部・外部ともに水気をしっかりと拭き取ってSIMカードを取り外します。

それから、本体を風通しの良い場所に置いてしっかり乾かして下さい。その際、iPhoneと乾燥剤を袋に入れて密封すると水分が取り除けます。

ただし、これはあくまでも応急処置です。動作が戻ったとしても内部に残った水滴が原因で腐食が進むと、部品を交換する必要もでてくるため、早めに修理店へ持って行く事が重要です。

立川でiPhoneの修理なら
~水没やバッテリー交換もお任せ~

立川でiPhoneの修理なら、【GENIE(ジーニー)】にお任せ下さい。iPhoneをトイレ・洗濯機・お風呂・海やプールなどに水没させてしまう事は、誰にでも起こりうるものです。

もし、水没させてしまった場合は、正しい方法でしっかりと水分を拭き取って乾燥させ、立川にある【GENIE(ジーニー)】までお持ち頂くか郵送にてお送り下さい。軽度な水没の場合は「簡易クリーニング」にて水分除去&基盤クリーニングを行い、重度な水没の場合は「洗浄クリーニング」にて洗浄&水分除去&基盤クリーニングを施します。

立川でiPhoneの修理に幅広く対応!
~水没してないのにバッテリーの調子が悪くなる?~

立川でiPhoneの修理に幅広く対応!~水没してないのにバッテリーの調子が悪くなる?~

立川でiPhoneの修理を行っている【GENIE(ジーニー)】は、iPhoneに関する様々な不具合に対応しています。水没した覚えがないのにバッテリーの調子が悪いと感じたら、バッテリー交換が必要かもしれません。普段の生活の中で、気づかないうちにiPhoneが水没した状態になっている事があります。

例えば、夏場にYシャツの胸ポケットにiPhoneを入れていたり、傘を忘れて急に雨に降られたり、鞄の中に冷たい飲み物と一緒に入れていたりすると、汗や水が浸入して水没と同じ様な状態になり、バッテリーの調子が悪くなる事があるのです。

そんなときは、SIMトレーを取り外した所にある「水没シール」をチェックしてみましょう。白いシールが赤くなっていたら要注意です。

【GENIE(ジーニー)】にお持ち頂ければ、バッテリー交換と同時に内部チェックも行います。特に酷い水没でなければバッテリー交換のみで、内部チェックはサービスで対応させて頂いています。お気軽にご相談下さい。

お役立ちコラム

立川でiPhoneの修理をするなら【GENIE(ジーニー)】へ

店舗名 iPhone修理GENIE立川店
所在地 〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-12-5
電話番号 ​042-595-8803
URL http://www.genie-tachikawa.jp
  • 修理を予約する
  • 買取を依頼する