多摩市からのお客様 iPhoneXR(アイフォンXR)液晶・背面フレーム交換修理(リファビッシュ)

こんジニは!
iPhone修理GENIE(ジーニー)立川店です。

今回は、iPhoneXRの液晶フロントパネル部分だけでなく背面のガラスも割れてしまった為に外装総取替えをした事例のご紹介です。

背面ガラスが割れたiPhoneXR

iPhoneの背面ガラスは、結構頑丈でフロントパネルより割れづらいものではありますが、それでも強い衝撃で割れてしまう事は多々あります。
修理費も少しお高くなってしまう為当店でも「ケースを付けて誤魔化して使ってる人が多いですよ」とご案内しちゃう事も。。。

しかし、作業が面倒であまり修理をしているお店が無いのか、ネットで色々調べて辿り着いたという方が結構いらっしゃいますので背面交換について少し説明させて頂こうかと思います。

背面交換の方法には2種類あり

①背面ガラスの交換
これは、割れてしまった背面ガラス部分を交換するものです。
背面ガラス

このような、元々のガラスと同じ形状で作られたパーツを使います。
この方法のメリット・デメリットとしては

メリット
・部品の調達が容易
・修理費を抑えられる?

デメリット
・ロゴが無くなってしまう
・作業が大変
・交換後のクオリティに難あり

という感じです。

部品代も安く、調達が容易ではあるのですがロゴが無くなってしまうのは大きなデメリットです。
※勝手にロゴ入りのパーツを作るのは違法の為
また、作業が大変な為に修理(作業)料金を高めに設定する場合が多いので一概に修理費が安くなるとも言えません。(専用の機械で簡単に剥がす事も出来ますが、機械自体を所有しているお店がほぼ無いです)

②背面フレームの交換
これは、割れてしまったガラスだけでなくフレームごと交換してしまうという方法です。
背面フレーム

このようなフレームを使い外装を交換してしまう方法です。
この方法のメリット・デメリットとしては

メリット
・ロゴがあり新品同様元通りになる
・フレームが曲がってしまったというような重度破損でも綺麗になる

デメリット
・部品の調達が難しい
・修理には経験が必要
・修理費(部品代)が高い

という感じです。

当店では基本的にはこの方法で背面ガラスの修理を行っています。
ロゴの入ったパーツを勝手に作る事は出来ませんので、この部品を確保する為には外装が綺麗なジャンク品(アクティベーションロック端末等)や新品を分解してパーツを取り出します。
そのため、常に在庫があるわけではありませんので修理をご検討の方は事前にお問い合わせ頂けると確実かと思います。
また、この作業はフレームに取り付けてある小さなパーツを全て移植する必要がある為、一定以上の経験と構造を理解しているスタッフじゃないと難しい作業となります。(出来る事は出来ると思いますがリスクがあります。。。)

という事で、今回もiPhoneXRの外装総交換(リファビッシュ)完了です!

リファビッシュ後のiPhoneXR(右側)
ご来店ありがとうございました!

今回のケース 症状: 多摩市からのお客様 iPhoneXR(アイフォンXR)液晶・背面フレーム交換修理(リファビッシュ) 対応: 背面フレーム交換修理 時間: 90分
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
iPhone修理GENIE(ジーニー)立川店

〒190-0023
東京都立川市柴崎町2-12-5

ホームページ:https://www.genie-tachikawa.jp/
電話:042-595-8803

iPhone画面割れ 液晶割れ バッテリー交換、データ復旧、ガラスコーティングなどなんでもご相談ください
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  • 修理を予約する
  • 買取を依頼する