国立市からのお客様 iPhone6(アイフォン6)他店修理後のバッテリー交換依頼

こんにちは!
iPhone修理GENIE立川店です。

今回は、以前他店で一度修理した事あるiPhone6(アイホン6)のバッテリー交換修理事例です。

他社でバッテリー修理したiPhone6
※他店さんで修理したバッテリーを外した所

バッテリー交換って15分くらいで終わってしまうので、あまり写真を撮る事もないのですが、何度か修理事例でもご紹介させて頂いているによるバッテリー交換施工端末だったので久々にご紹介

本来、純正iPhoneのバッテリーは本体にシリコン製の両面テープで貼りつけられています。
当店でもバッテリー交換修理の際にはシリコン製両面テープを使用しますが、未だにこのように紙製両面テープで施工している所もあるようですね。。。

紙製の場合、iPhone使用中の熱により紙製両面テープの粘着面が乾燥し、経年劣化により比較的短期間でボロボロになってきます。
そうすると粘着力が無くなり、中でバッテリーが固定されずにカタカタと動いてしまうのです。

iPhoneのバッテリーと基盤は細いケーブルでつながれているだけなので、中でバッテリーが遊んでしまうとケーブルがすぐに傷み、断線等の故障の原因になります。
そういう意味でも、バッテリー交換の際は最低限紙製の両面テープを使うようなお店は避けた方がいいでしょう。

その他、紙製の両面テープじゃなくても純正同等の両面テープを使わないお店もありますので、バッテリー交換をお考えの場合には一度店舗にどういう施工をしてるのか聞いてみるのもいいかもしれません。
もしくは、目の前で修理してもらうか。。。

そんなこんなで、今回はバッテリー交換してみようとしたらこんなの出て来たよ!っていう修理事例のご紹介でした。

今回のケース 症状: iPhone6(アイフォン6)のバッテリー交換依頼 対応: バッテリー交換修理 時間: 約15分
  • 修理を予約する
  • 買取を依頼する