府中市からのお客様 iPhone6(アイフォン6)バッテリーの劣化

こんにちは!
iPhone修理GENIE立川店です。

今回はバッテリーが劣化が著しくなってしまったiPhone6(アイホン6)の修理事例です。

バッテリーが著しく劣化したiPhone6

iOS11.3から「バッテリーヘルス」という機能が追加され、ユーザー自身でバッテリーの劣化診断画面を見れるようになりました。

【バッテリーヘルス】
設定>バッテリー>バッテリーの状態

経験上、この機能の数値とバッテリーの状態はイコールではない事が良くありますが、あくまでも目安としてバッテリーの経年劣化を見るには参考になるかと思います。

調べられるのは「最大容量」「ピークパフォーマンス性能」
簡単に画面の見方を説明すると。

バッテリーの最大容量
バッテリーの最大容量
新品時を100%として、科学的経年劣化が進むにつれて容量が低下していきます。
通常、iPhoneのバッテリーはフル充電を500回程度繰り返した後も80%の蓄電容量を維持するように設計されています。

パフォーマンスが正常な状態
パフォーマンスが正常な状態
「お使いのバッテリーは、現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています。」と表示されている時は、正常にパフォーマンス機能が適用されてる状態です。

パフォーマンス管理が適用された場合
パフォーマンス管理が適用された場合
「このiPhoneで、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。。。」と表示されている時は、パフォーマンス管理機能が適用されている時です。
今後、突然のシャットダウンからiPhoneを守る為に勝手に画面を暗くしたりスピーカーの音を小さくしたりする事があります。

バッテリー状態が不明な場合
バッテリー状態が不明な場合
「このiPhoneでは、バッテリーの状態を判定できません。」と表示されている時は、バッテリーが正しく取り付けられてないか、バッテリー部品が不明である場合です。

パフォーマンス管理をオフにした場合
パフォーマンス管理をオフにした場合
「このiPhoneで、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。パフォーマンス管理による保護を手動で無効にしています。」と表示されている時は、パフォーマンス機能をユーザーが無効にした場合です。
パフォーマンス機能が無効なので、今後突然のシャットダウンが起こる可能性が高くなります。
※今後、再び突然のシャットダウンが起こると、パフォーマンス機能が最摘要されます。

バッテリーが劣化している場合
バッテリーが劣化している場合
「お使いのバッテリーは著しく劣化しています。」と表示されている時は、バッテリーが著しく劣化している為バッテリーの交換を推奨する状態です。

あくまで目安になりますが、上記表示がされた場合や見るからにバッテリーが膨張しているという時には、今すぐバッテリーの交換をオススメします!
それ以外の表示の場合でも、使ってて電池の持ちが悪いなと感じているようでしたら、突然のシャットダウンによりiPhoneに不具合が出る前に交換してもいいかもしれません。
見た目大丈夫そうでも、開けてバッテリーを見てみると外観上劣化している場合もありますので、お気軽にご相談下さい。

今回はバッテリー交換作業20分程度でのお渡しとなりました。

今回のケース 症状: iPhone6(アイフォン6)バッテリーの劣化 対応: バッテリー交換修理 時間: 20分
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
iPhone修理GENIE立川店

〒190-0023
東京都立川市柴崎町2-12-5

ホームページ:https://www.genie-tachikawa.jp/
電話:042-595-8803

iPhone画面割れ 液晶割れ バッテリー交換、データ復旧、ガラスコーティングなどなんでもご相談ください
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  • 修理を予約する
  • 買取を依頼する