日野市からのお客様 iPhoneSE(アイフォンSE)バッテリー自己修理失敗で液晶破損

こんジニは!
iPhone修理GENIE(ジーニー)立川店です。

今回は、バッテリーを自分で交換しようとして画面が映らなくなってしまったiPhoneSE(アイホンSE)の画面交換修理事例です。

iPhoneSEに関しては、ネットでもバッテリーのパーツ購入が可能な為、分解好きの方々がよくご自分で修理するというケースがあります。

比較的簡単な部類の修理となりますので、いくつかの注意点さえおさえれば手先の器用な方であれば問題なく交換は可能です。

今回は特別に、iPhoneSEバッテリー交換の注意点をいくつか書きたいと思います。

①最初のトラップ!ホームボタンケーブル!
iPhone5SやSEは、ホームボタンケーブルがボタンから直接基板に接続されています。
なので、いきなり画面をバカッと開けてしまうと、このホームボタンケーブルが千切れてしまうのです。
慎重に少しだけ画面を開き、隙間から先の細いピンセット等でまずはホームボタンケーブルを外しましょう!

②絶対忘れてはならない!バッテリーコネクタを外す!
なにはともあれ、修理をする際に電気が通電しているという状況は一番好ましくありません。
構造的にホームボタンケーブルは一番先に外さなければならないパーツですが、それ以降何か作業をする際は絶対にバッテリーを優先的に外すようにして下さい。

③意外と難しい!バッテリーの取り外し!
iPhoneのバッテリーは専用の特殊な両面テープで貼りつけられています。
この両面テープ、引っ張ると伸びて綺麗に取れる素材にはなってるのですが。。。
経年劣化等で両面テープが硬くなっている事も多く、無理やり引っ張るとすぐに切れてしまいます。
まずは、くっついてる2本のテープを切断し、一本ずつゆっくり引っ張ります。 その時に、イヤホンジャック部が邪魔になりますので、それを避けるように少し左に引っ張るのがコツです!
無理やり手前に引っ張ると、イヤホンジャックが壊れますので要注意!
また、両面テープが硬く伸びが悪いなと思ったら無理に引っ張らずにiPhoneの裏側から少し温めてあげると作業がしやすいかなと思います。
万が一、両面テープが千切れてどうしようもなくなった時は。。。
バッテリー破損による引火に注意しながら、無理やり引き剥がして下さい(笑

こんな感じで、注意しながら作業を行えば基本的には出来る作業だとは思います。

ただ、自分で修理した場合には修理後のバッテリーの保証や修理ミスによる他の部分の故障など、色々リスクもありますのでその辺は自己責任でお願い致します。

とは言え、iPhoneSEのバッテリー交換修理の価格は2019年6月21日現在で3900円(税別)です。
部品代と作業代金が含まれ、保証も6ヶ月付いています。

今回お持込頂いたお客様も、そんな安いなら最初から持って来ればよかった。。。と仰っていました。

高い機種になると、それこそミスった時のダメージは大きいかと思いますので、無理せずバッテリー交換は修理店へお持込下さい。
20分程度で修理させて頂きます!

という事で、今回はバッテリーに関してはお客様で交換済なので、壊れてしまった画面交換を当店にてさせて頂きました。

画面を交換したパンダ色のiPhoneSE

今回、白色のiPhoneSEのフロントパネル在庫が無く、お客様ご了承の上黒いパーツを使用しての交換。
これはこれで、個性的でいいですよね!(笑
フロントパネル交換のみ、30分程度でのお渡しとなりました。
ありがとうございます!

今回のケース 症状: iPhoneSE(アイフォンSE)バッテリー自己修理失敗で液晶破損 対応: フロントパネル交換修理 時間: 30分
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
iPhone修理GENIE(ジーニー)立川店

〒190-0023
東京都立川市柴崎町2-4-8 1階

ホームページ:https://www.genie-tachikawa.jp/
電話:042-595-8803

iPhone画面割れ 液晶割れ バッテリー交換、データ復旧、ガラスコーティングなどなんでもご相談ください
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  • 修理を予約する
  • 買取を依頼する